BUSINESS

事業内容

得意分野

インテグラルは近年話題に上ることの多い、次のような分野での開発実績を多く保有しています。

SDN

Software-Defined Network

実用期に入ったとされるSDNの分野において、各種製品の開発経験があります。開発部位に関してもコントローラ、ドライバ、トポロジ管理のアプリケーションなど多岐にわたっています。

NFV

Network Functions Virtualization

SDN同様に注目度の高いネットワーク機能の仮想化を実現するNFVに関連するプロジェクトの開発実績も保持しています。Openstackをはじめ、MS Azure、VMware NSXなど主要な製品のソリューション提案から検証まで幅広くノウハウを保持しています。同様に近年急激に需要が増加してきたインフラ構築系SEも多数在籍しています。

Security

今後絶対数の不足が懸念されているセキュリティ分野において、 次世代ファイアウォールの検証やビッグデータ解析ソフトの開発など多くの実績を保持しています。

AI

近年のブームとなっているAI分野における、研究開発やPoC(Proof Of Concept)開発において、 PythonやRといった言語を用いての開発実績を保持しています。 また今後ますます需要が高まることが想定される本分野においての技術者を育成するために、 Pythonプログラミングの学習を推奨するなど対策を講じています。

事業領域

インテグラルは要件定義から運用保守まで全工程に対するサポート実績があり、 同時に多彩な言語・プラットフォームでの開発スキルを有しています。

プロジェクト管理方針

インテグラルでは以下の方針により多くのプロジェクト管理で成功を収めています。

ソフトウェア開発の問題点

ソフトウェアの開発時には、以下のような問題点がしばしばがあげられます。 技術革新の速度上昇に伴い、開発期間を充分に確保できない。 PoC(Proof Of Concept)などで良い成果を見せない限りは開発予算が確保できない。 長期プロジェクトの減少によりノウハウのある人材を定常的に確保できない。

インテグラルとしての解決策

このような状況の中、ソフトウェア開発を今までのようにウォーターフォールモデルでプロセスを遵守しながら進めて行くのは非常に難しいことです。 インテグラルは、お客様はQCDのうちのどれに一番の重きを置いているのかを把握し、柔軟に各プロジェクトに対応します。 これはソフトウェア開発の各プロセスの存在意義をきちんと理解している人材を抱えているからこそ実現可能なことであると自負しております。